組織体制

SnapCrab_NoName_2020-4-9_11-44-0_No-00.j

私たちは、責任ある持続可能な観光という概念に則り、日本で失われつつある原風景や伝統文化を繋ぐ取り組みを実践している地域、自然を利用した体験型観光を楽しめる地域、地域住民と来訪者の満足度に配慮した節度ある観光を振興する地域を中心に、国内外からのお客様を案内する小さな旅行社です。また、持続可能なまちづくりの観点から観光を導入するためのコンサルティング業務を展開しています。しかし、SDGs17番の目標であるように、同じ価値観を持つパートナーシップが存在し、相互扶助の精神が活動として反映されてはじめて「結」が成り立つのです。株式会社スピリット・オブ・ジャパン・トラベルは以下のパートナーと情報交換や共同作業を通して、「観光でSDGs達成と持続可能な地域づくり」に貢献しています。

地域住民:宿泊施設、飲食店、商店、第一次産業従事者、体験プログラム提供者、ガイド他

観光関連団体:観光協会、DMO、民泊・農泊各団体、地方自治体他

GSTC:グローバルサステイナブルツーリズム協議会

SDGs:持続可能な開発目標とは17のグローバル目標と169のターゲットから成る国連の持続可能な開発目標

JARTA:持続可能な観光を実践する「責任ある旅行会社アライアンス」一般社団法人

AEN:アジアエコツーリズムネットワーク